金融業者からの借金は弁護士に法律相談して解決可能

main-img

借金が増えてしまったときには、ひとりひとりの債務者ごとに適切な解決方法があると言えます。



債務整理の手続きに詳しい弁護士に相談することによって、弁護士が直接債務者と話し合いを行うことによって、最も良い方法を考えることができます。



複数の金融業者から借り入れを行っているときには、金利の負担を軽くするためにおまとめローンを利用する人もいますが、おまとめローンはあくまでも複数の借金をひとつの借り入れ先にまとめる効果があるだけですので、借金そのものの負担が軽くなるとは言えません。



弁護士に法律相談を行うことによって債務整理をすれば、手続きの種類によっては将来の金利負担をゼロにできるように、借り入れをしている金融業者と交渉を行うことも可能ですので、借金の返済や金利の問題に関して大きく改善できる可能性が高くなります。


また、金融業者から借り入れを行っていることで借金が多額になっているときには、金融業者との取引を行っている期間の長さによっては過払い金が発生している場合があります。



以前は多くの金融業者が、利息制限法で定められている利率よりも高い金利で融資を行っていましたので、借り入れを行っている期間が5年以上あるときには、法律で決められている上限利率を超えた金利を支払っていることも考えられます。



過払い金が発生しているときの返還請求では、消滅時効が10年と決まっていますので、時効が訪れる前に弁護士に法律相談を行って取り戻すことが大切です。



関連リンク

subpage01

任意整理が可能かの判断は法律家に相談するのが良い

借金の返済について法律的な手段を用いることによって、解決したいと考える人もいるでしょう。債務整理を行うときには事前にそれぞれの手続きごとの、成立させるための条件を知っておくことが大切です。...

more
subpage02

法律相談するうえで知っておくべき基本知識

日常で困ったことがあったときには、法律相談をすることで解決することがあります。そのうえで知っておくべき法律の知識の1つとして、刑事事件と民事事件の違いがあります。...

more