任意整理が可能かの判断は法律家に相談するのが良い

main-img

借金の返済について法律的な手段を用いることによって、解決したいと考える人もいるでしょう。



債務整理を行うときには事前にそれぞれの手続きごとの、成立させるための条件を知っておくことが大切です。



債務整理ごとにどのような人であれば手続きを行えるのかについて、プロの法律家である弁護士などに相談することで質問しておくと良いです。



自己破産では裁判所に借金の返済能力が無いことを認めてもらうことが条件で、借金が増えた理由も浪費やギャンブルでできたものではない場合に、借金の支払いを免除してもらうことができます。
債務整理として任意整理もありますが、任意整理は自己破産とは違って裁判所の免責許可を受ける必要はありません。保有している財産を処分する必要性もないために、住宅や自動車などの価値の高い財産を保有したままで、減額などの交渉を行いたい債務についてのみ整理の手続きを行えます。



任意整理を成立させるための条件としては、手続きを行なってから3年ほどの期間で完済できるほどの返済能力を有していなければなりません。



返済を継続的に行うためには、安定した収入を得ている必要があり、条件を満たせないときには法律家に相談して他の適切な債務整理の手続きを選択するほうが良いと言えます。



安定した収入を得ていると判断できるものには、仕事を行って給料を得ていることもありますが、年金を受給していることも安定した収入を得ている条件を満たしていると判断されます。

休職中の債務者の場合には、任意整理の手続きを弁護士に法律相談することは難しいですが、職業を探していて将来的に安定収入が見込めると判断されたときは任意整理を行うことが可能です。

関連リンク

subpage01

法律相談するうえで知っておくべき基本知識

日常で困ったことがあったときには、法律相談をすることで解決することがあります。そのうえで知っておくべき法律の知識の1つとして、刑事事件と民事事件の違いがあります。...

more
subpage02

任意整理が可能かの判断は法律家に相談するのが良い

借金の返済について法律的な手段を用いることによって、解決したいと考える人もいるでしょう。債務整理を行うときには事前にそれぞれの手続きごとの、成立させるための条件を知っておくことが大切です。...

more